Tuesday, August 08, 2006

The reason why I missed many fish

I could see some Flavs in SFOB, but there was no rise.

So I decided the hopper pattern first.

Although I did hook two big boy by it, they are hooked off again and again! Why? What's wrong?





For the third one, it was a little late to set a hook. But as a result, I could catch it. Though the size was average(16inches/40.5cm), it tugged so strong including fast stream.

Finally I got the reason why I missed so many good ones. It was the timing to set a hook! Especially for the huge hopper pattern, I had to wait until the fish fed it enough. I thought the exciting attack to the hopper could be one cause of early setting a hook.

There are many things which I should learn, but I believe it is one of funs of fly fishing.

2 comments:

curryman said...

休み中にO地と忍野に行ってきたよ。雨の中。小さいけどヤマメ×1、ニジ×3と結構楽しめました。フライは、ビートル中心に反応がよかったね。でも残念なのは、一匹目に出た、35オーバーはありそうなブラウン。フッキングは完璧やったのに#8のティペットとフライが切れました。
他にも大き目のレインボーを完食わせのに、フックに乗らずにばらし。忍野の魚は食ってもすぐに吐き出すようです。スレた魚たちは難しいね。
家から30分ちょっとで着くし、来年は通ってみようかな。

african said...

忍野は厳しそうだね。多分帰国しても、対応できない自信があります(笑)。是非とも通って、教えてください。

それにしても8Xとはすごいね。やっぱりそれぐらい使わないと、見切られちゃうの?小サイズのフライは仕方ないとして、ビートルとかのテレストリアル系はもう少し太い奴つかいたいよね。

こっちに来てから、6Xより細いティペットは使った事ありません。今はまっているSouth Folk of Boise Riverでは、Hopperで3X、Mayfly系で5Xです。そうでもしないと流れも強く、岩も多いので、絶対にあげられないので。ここの魚は美しく、非常に強いので、しばらく通い続ける事になりそうです。当座の目標だった20inch(51cm)overのRainbowは達成できたので、次は24inch(61cm)クラスを目指したいですね。